読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚沙野電車区はてな派出

鉄道同人誌制作サークル「渚沙野電車区」の活動報告と鶏と唐揚げそば。

小さな博物館を「おくる」 ~東急をつくった 五島昇というひと~

東急の博物館、「電車とバスの博物館」の入口に

こんな文章が掲げられているのをご存じですか?

 

f:id:kqnagasawa:20160805004853j:plain

 

 昔から人や物を運ぶ輸送という仕事は、人々のくらしにとって大切な役割を果して来ています。

 近年、電車・バス等の大量高速輸送の発達によって、都市と経済は飛躍的に発展してきました。

 これらの交通と街づくりの関係を理解するだけでなくさらに正しいものの見方、考え方を培うことを希ってこの小さな博物館をおくります。

昭和57年4月 五島 昇

 

東急といえば、電鉄王とも乗っ取り王とも言われた 五島慶太氏が、

その豪腕ぶりで有名ですが(銀座線乗っ取り事件とかね)

昇氏はその息子にあたります。

 

いまの東急がどうやって出来たかを考えるには、

戦後の東急を引っ張ってきた昇氏を見ておくべきだ、

というのが、今回、東横線の本をつくって感じた感想です。

 

父親の慶太氏は学問を志し上京し官僚となり、

そして鉄道経営へと転身した人物ですが、

昇氏は当初、後継者とは考えられておらず、

後継者候補となってからもゴルフ三昧と、

良く言えば父のようなカタさがない、

悪く言えば遊び人、といった人でした。

センスがあった人で、たまプラーザの名付け親でもあります。

 

f:id:kqnagasawa:20160805005652j:plain

f:id:kqnagasawa:20160805005717j:plain

そんな彼のセンスは、今の渋谷の3割くらいに影響してます。

3割、ですね。

じゃあ他の7割は?というのは、新刊を読んでみてください(宣伝)

 

 

ちなみに、電車とバスの博物館には、もう一つ、昇氏ゆかりものもがあります。

f:id:kqnagasawa:20160805005902j:plain

これ、わかんないって人も最近は多そうですが…

いまはJALに合併されてしまいましたが、

昔、JASという航空会社があって、

東急はその大株主でした。

って言うより、創設したの東急って言っても差し支え無いです。

 

なんで東急が飛行機に手を出したのかというと、

昇氏が環太平洋にグループの勢力を伸ばそうとしていたから、だとか。

ハワイに東急のホテルが有るのもその名残ですね。

しかしながら、バブルによって不動産価値が下落し、

不動産に大きく依存している東急グループの業績はガタ落ち、

JASも航空業界の競争激化、ということもあって、

互いが互いを助けられずに足を引っ張り合う格好になりました。

 

これがJALへの統合に繋がるわけですが、

そのJALもコケてしまい、東急は株で大損をする、

という話がつながっていきます。

そう考えると、五島昇というひとは、

たまプラーザをはじめ、東急の色々なイメージを作り上げたプラスの点と

2010年代のJAL株問題まで引きずる負の遺産を残したマイナスの点と

よくも悪くも、今の東急をつくった人だと言えるのではないでしょうか。

 

 

難しい話でした。

 

それにしても、

博物館を「おくる」って表現、素敵ですよね。

全ページ袋とじでピンクい表紙の同人誌作りました グルメ本で。

さて

今回の夏コミで一番やばい(※)

同人誌が完成しました

 

(※) 弊サークル比

f:id:kqnagasawa:20160803160334j:plain

 

全編袋とじの同人誌です!!!

しかもピンクの表紙!!!!!

これはエロいに違いない!!!!!!!!!

 

と思ったら

 

グルメ本なんです。

 

どういうことか。

 

ここに現物があります。

f:id:kqnagasawa:20160803160315j:plain

 

まあまず表紙からして、グルメ本なのに料理の写真がない、

というのがイレギュラーなわけですが…

 

f:id:kqnagasawa:20160803160317j:plain

 

そう、料理の写真はすべて袋とじになっているんです。

文章を読んで、想像を膨らませてから袋とじを開けると、

そこには美味しそうな料理の写真が…!

といった趣向です。

 

f:id:kqnagasawa:20160803160319j:plain

開ける瞬間がたまらないんですよ

 

 

というわけでこちら

「美味しいから見せられないよ」~全編袋とじのグルメ本~

は、コミケ3日目西よ18bにて頒布します!

 

1点、

特殊な印刷なので、印刷費がかかってしまい、部数も限られます。

A5判20ページ、1冊800円で、当面は書店委託もできない予定です。

それでも、本実物を手に入れて読むワクワク感はあると思うので、

お好きな方はぜひお越しください。

それでも自分が評論島でなく鉄道島に出る理由。

f:id:kqnagasawa:20160729004825p:plain

 

飯テロに定評のある弊サークルですが、

お前ほんとに鉄道サークルなのかよ

とか

グルメジャンルで出せよ

とか

たまーに言われます。

 

ですが、「鶏と鉄道」を含めて、

弊サークルの頒布物はほとんどジャンルコード630にしています。

(※630:コミックマーケットにおいて鉄道・メカ・ミリタリーを指すコード番号)

 

なぜか。

それは、

ジャンルコードは本の主題によって決まるべきだ、と

弊サークルでは考えているからです。

 

例えば「鶏と鉄道」で取り上げた料理といえば、

駅の唐揚げそば

酒にあう鶏料理

でした。

 

料理を扱うだけであれば、別に鉄道である必要性はないです。

クルマで行ってもいいですし、バイクで行ってもいい。

 

でも、クルマで行ったら、お酒飲めないですよね。

 

そう、鉄道旅の魅力って、

お酒を飲んでも移動できるし、

お腹がいっぱいになったら寝てもいい。

そういうところにあるんだと思っています。

 

 

だから、

お酒に合う鶏料理を扱うことは、

そんな気ままな鉄道旅の魅力を紹介することと

同義なんです。

たとえ紙面上に1枚も電車の写真が無かったとしても、

鉄道の魅力を語れれば、それは鉄道の同人誌だと思います。

 

※ちなみに補足すると評論島が嫌いなわけではなく、

 むしろ編集とか企画とか構成で勉強になることが多々あります

 

 

 

という、ひとつの考え方、でした。

もちろん、ほかの考え方もあって当然だと思います。

それぞれのサークルが、オリジナルに考えて生みだされたものが並ぶ空間、

それがコミックマーケットなのですから。

 

 

 

ことしも、弊サークルではいろいろと

鉄道の魅力を伝えたくて、

これだけの頒布物を用意しました(毎度のことながら)

f:id:kqnagasawa:20160729010236p:plain

 

一番最後の頒布物は、現在印刷中です。

これがまたとんでもないものになる予定です。

ちなみに、これだけ語っておきながら、これはジャンル「評論・情報」となります。

まあこれは鉄道の魅力っていうよりも、別の狙いがあるので…

おたのしみに。

夏コミ新刊完成しました!

表紙が

結局

変わりました!!!

 

f:id:kqnagasawa:20160724122155j:plain

 

ますます何島の本かわからないと好評です!!!

 

f:id:kqnagasawa:20160724122140p:plain

すごく欲張りな感じがする!!!!!!!

 

 

というわけで、よろしくお願いいたします。

 

帰ってきたざんぎそば~品川駅 吉利庵さん

ああもう、最高ですなっ…!

ってフレーズがぴったりのニュース。


すでにTwitterではつぶやきましたが、
品川駅のエキュートにある吉利庵さんに、
ざんぎそばが帰ってきました!!!


f:id:kqnagasawa:20160714052203j:plain


いやもうこれは、食べなきゃだめです。

さくさくのざんぎと
吉利庵さんのしっとりしたつゆが
掛け合わさるこの奇跡!


いや、
この時代に
生きてて良かった。


って、オーバーでなく感じられる一杯です。




実は春先に、北海道新幹線開業キャンペーンでやってたメニューなんですよね、これ。
夏休みシーズンということで、再びキャンペーンとなり、復活した模様です。

前回と違って、冷やしそばも良い季節になりました。
冷やしも、衣が引き締まった状態を楽しめて最高です。



ということで、みなさん、行きましょう。ぜひ。
なお、こちらのざんぎそばは、例のごとく、期間限定メニューなので、お早めに。

夏コミ新刊、試し読みしませんか?

ようやく

完成

しそうです

 

そうなんです。夏コミの新刊がようやく完成しそうです。

 

f:id:kqnagasawa:20160701001657p:plain

東急東横線の同人誌、「紅楼回廊(こうろうかいろう)28.3」

 

いつもどおり、鉄道好きな方にも楽しんでもらえそうな こんな記事や

f:id:kqnagasawa:20160701002431j:plain

 

 

鉄道興味ないけど、とりあえず渋谷駅迷って仕方ない人や

f:id:kqnagasawa:20160701002618j:plain

 

 

壁が好きな人に、とってもおすすめの同人誌です。

f:id:kqnagasawa:20160701002710j:plain

 

 

今回最大の注目ポイントは!

130ページ

すべて

長沢 京が書きました

 

そう。長沢さんは知っているのです。

あのサークル、分厚い本出すけど、合同誌だし

 

主宰

書いてないんじゃね?

みたいなご意見

 

ところがすっとこどっこい。

意外とやればできるもんです。

 

というわけで、

全編にわたって

長沢さんの天才的な文章と誌面構成が続く

まさに今夏最大級の

神憑り的な

最高傑作が完成しました!

 

完成してないけど。

 

 

ただひとつ心配なのは

自分しかまだ読んだことがある人がいない、という点です。

 

 

そこで。

 

試し読みをしてくれる人を、ちょっとだけ募集します。

 

別に誤字を指摘しろだとか

0.1mmの線のズレを指摘しろだとか

そんなことは言いません。

 

やることはとっても簡単。

 

1.読む

2.感想をつぶやく

3.やたら射幸心をじゃぶじゃぶ煽るような感想をつぶやく

 

Simple.

 

というわけで、とりあえず読んで、感想を頂ける方を募集してみよう、

という、企画です。

 

ご興味ある方は

Twitter@circle_nagisano )にご一報ください。

 

 

ではまた。

Q.浜松町駅の筋肉ムキムキなキャラ。名前は何でしょう?

A.はままっちょ

f:id:kqnagasawa:20160702012000j:plain

 

はままっちょ?!

 

 

というネーミングが緩すぎるキャラですが、

最近、駅オリジナルのキャラ増えてますよね。

 

f:id:kqnagasawa:20160702012801j:plain

業界で一番有名な にゃっぽり先輩

 

この、会社のキャラではなくて、

駅で作っているという、ある意味勝手連的なところが

ポイントですね。

こなれていない感じが味わい深いというか。

 

だから、この駅キャラというジャンルは

調べてみたら面白いところだと思ってます。

 

しらべるの

めんどいから

本作れないけどね

 

 

f:id:kqnagasawa:20160702012526j:plain

 

ま め お 。

 

大宮駅のコンコースのオブジェ

「まめの木」にちなんだキャラですね。

正式名称は「行き交う・線」だけどねあれ!!!

大宮区民ですら認知度ひくいんじゃないだろうか)

 

 

ついでにもうひとつ大宮駅。

 

f:id:kqnagasawa:20160702012458j:plain

特急券くんと乗車券ちゃん

 

いやいや

四角に特と乗とか、

わかりやすいけどそれで良いんだろうか

でも、なんか味があるぞ...

 

 

という、なんか一度見てしまうと

忘れられない勢いがあるんですよ。

 

 

ぜひ、みなさんもこの夏は駅キャラめぐりをして、

わたしに情報をください(他力本願)